前へ
次へ

債務整理としての様々なやり方

任意整理とか特定調停というのが債務整理としてあるのですがそれぞれに色々と意味があったりします。
そして違いがあるということになるわけです。
一番有名といえるのが、自己破産になりますが、自己破産というのは全てを失うということになりますのでそうではなくて特定調停というような形で行うことによって、少しでもダメージを少なくするというようなやり方もできるわけです。
特定調停というのは、支払不能に陥るおそれがある人などに再建できるような行動計画書などを立てるという制度になります。
費用はわずかに印紙代と切手代のみで済むということになりますのでかなり良いことではありますが、必ずしも自分が有利になるというわけではありませんので、それは注意しておきましょう。
それは任意整理というのは必ずしも自分に有利なように事が運ぶわけではない、ということでもあります。
しかし、債務者との話し合いによって決めることができるのは大きなことになります。
債務整理の中では話し合いで決める事も多いわけです。

Page Top