前へ
次へ

任意売却という債務整理があります

任意売却という債務整理をすることになりますと競売などが行われなくなるということがあります。
これはつまりは、住宅ローンなどのときにやる債務整理というパターンの時に役に立つものであるわけですが、これをすることによって何が得られるのかということになりますが商売をするデメリットというのが回避できるようになります。
まず、競売で住宅などを売却するということになりますと確実に市場価格よりもかなり安く売らなければならないというようなことが多いです。
それを避けることができるだけでもかなり大きいです。
自己破産という最終手段がないわけではないのですが、任意整理で済ませることができるのであれば、それに越したことがないというのが実際問題としては、あるわけですから覚えておきましょう。
また、債権者としても迅速に債権回収が可能という部分もありますので割と交渉自体は簡単に済むということが多いです。
意外とそのあたりはスムーズにいくことが多いです。

Page Top