前へ
次へ

債務整理のなかでは最も重い自己破産

債務整理の中でも最も難しい手続きあるのが、自己破産です。
そもそも自己破産とは、生活していく上で財産や収入が不足し、返済能力がないことを裁判所に判断してもらわなければなりません。
この制度を利用する場合、支払不能と認められ、債務整理の手続きを受けていないなど様々なことが条件となります。
収入が不足している状態で借金の返済を続けていく場合、生活費などがない状態で生活していくことは並大抵のことではありません。
今後のことを考えると自己破産するには抵抗があるという人も少なくありません。
また、住宅や車など生活していく上で必要な財産を失う可能性も十分にあります。
しかし、自己破産をすれば、毎月の借金返済に悩まなくてもよく、仕事を失う事もありません。
そのため、給与などは生活費に充てることができます。
自己破産をすることにより、既婚者の人は家族への影響を心配する人がいます。
確かに住宅や車を失うという点では家族に迷惑をかける可能性もありますが、家族に直接的な影響はありません。

Page Top